脱毛クリームなら自宅で手軽に全身脱毛!

★肌を傷つけるカミソリや毛抜きはもう卒業!

 

気軽に全身の脱毛をすることができるアイテムとして若い世代に人気となっている「脱毛クリーム」。カミソリや毛抜きと違って肌に優しいのが特徴で、とてもキレイでツルツルの仕上がりになります。

 

脱毛クリームにはどのようなメリットがあるのかまとめてみましたので、使ってみようかな…と考えている方は要チェックです。

 

自宅でお手軽な脱毛処理ができる

脱毛クリームはわざわざ脱毛サロン、エステサロンに通う必要もなく、自宅で簡単にできるメリットがあります。ちょっとむだ毛が気になってきたな…と思うときに脱毛クリームでササッと脱毛することができるのです。

 

カミソリを使うこともなく皮膚に塗っていけば良いので自分の手を使うだけなのです。
塗ってから5分くらい待った後はそのままお湯で流すか、タオルで拭くだけで脱毛が完了。
非常に簡単ですし、価格も3,000円程度となっているためコストも安いです。

 

脱毛できる箇所が幅広い!ほぼ全身に使える

脱毛クリームは基本的に腕や脚に使うものが多いですが、なかなか脱毛することができない背中や難しいワキなど全身のムダ毛に使用することができます。

 

背中は自分の手で処理することができない部分でもあり、カミソリで剃ろうとしても失敗してしまうことが多いでしょう。脱毛クリームは刃を一切使わずにクリームを塗るだけなので簡単に脱毛することができます。

 

ワキはデリケートな部分です。些細な失敗でチキン肌になったり、黒ずみができてしまいます。脱毛クリームを使用すれば失敗することはありませんし、脱毛した後はきちんと保湿クリームを塗っておくとしっかりケアができます。

 

痛みがない

脱毛方法はカミソリや電気シェーバー、家庭用脱毛器などさまざまな方法がありますが、脱毛クリームは痛みがありません。カミソリのように皮膚に直接刃をあてることもないので安心です。

 

基本的に痛みはありませんが、皮膚が普通の人よりも弱い人に限り、最初はヒリヒリしてしまうこともあります。次第にヒリヒリ感は治まるものですが、どうしても続いてしまうのであればすぐに使用をやめましょう。

 

また、できるだけ皮膚に優しい成分でできている脱毛クリームを使ってください。

 

永久脱毛?まではいかないけど抑毛効果があるものも!

 

また、脱毛クリームでもう一つ大きなメリットなのが、抑毛成分が配合されているものがあるということ。この抑毛効果もある脱毛クリームであれば、ムダ毛処理したあとに次のムダ毛が生えてくる期間を長くしてくれます。また、ムダ毛自体を徐々に薄く目立たなくしてくれる効果もあります。

 

全身の脱毛が簡単にできるだけでなく、使うたびに効果が大きくなってくるのが脱毛クリームの嬉しい所です。脱毛クリームを毎日使う必要はないですが、1週間に1回など定期的に使っていけば抑毛効果で脱毛クリームを使う頻度も少なくなり、使わなくても良い状態が続きます。(ツルツル状態を長くキープ)

 

※使用期間は人によって変わりますが、ほとんどの人は1ヶ月〜3ヶ月間使用しているようです。

 

↓抑毛効果もある人気の脱毛クリームはコチラ↓


全身に使える脱毛クリームはコチラ!

今最も売れている全身脱毛クリームがコレ

プリュムインバスリムーバーは濃いめのムダ毛にも使える全身脱毛クリーム。脇・二の腕・背中・お腹・太もも・ふくらはぎ・指・デリケートゾーンなど顔以外なら全身に使えます。片手で楽に塗れるヘラ不要の脱毛クリームなのでムダ毛に塗って1分程度待つだけで使い方も簡単。抑毛成分に加えてヒアルロン酸など保湿成分もたっぷりで敏感肌でも使えて抑毛効果がとても高いのも人気のポイントです。

価格

単品(80g):1,620円(税込)

仕様部位

全身のムダ毛処理に使えます(顔は×)

配合成分

ヒアルロン酸、ダイズエキス、アロエエキス、オウゴンエキス、桃葉エキス、タイムエキスー2など

一番肌に優しい脱毛クリームをお探しならコレ

パイナップル豆乳除毛クリームは今発売されているクリームタイプで最も肌に優しい脱毛クリーム。除毛成分の中で最も肌に優しいと言われるチオグリコール酸カルシウムを使用。また、除毛成分と同時に肌荒れを防ぐ成分や保湿成分を配合しているので、ムダ毛の除毛をしながらスキンケアまでできる新感覚のクリームです。

価格

単品(100g):2,700円(税込)

仕様部位

全身のムダ毛処理に使えます(顔は×)

配合成分

ダイズエキスなど

顔の産毛にも使えるローションタイプ

プレミアムビューティースキンはローションタイプになっていて、クリームタイプだと使う事ができない顔のムダ毛処理にも使えるのが一番の特徴。ローションタイプだからタップリ塗ってもベタつかないで使用後もサラサラ。美肌成分も抑毛成分もたっぷり配合されています。

価格

単品(200ml):4,104円(税込)

仕様部位

全身のムダ毛処理に使えます(顔も○)

配合成分

ダイズエキス、ペルベチアカナリクラタエキス、ピュアプエラリアミリフィカ根エキス、オウゴンエキス、ザクロ花エキス、ハトムギエキス、加水分解シルクなど

脱毛クリームで使用可能な部分とは?

脱毛クリームを使う前に気になる人も多い、「使用可能な部分」についてみていきたいと思います。顔の産毛も処理したい方はクリームタイプではダメなのでローションタイプを選ぶ必要があります。

 

自分が脱毛したい部分に使うことができるのかどうか、購入する前にチェックしておかなければなりません。使うことができる部分とはどのようなところがあるのかみていきましょう。

 

●基本的な場所は「脚」「腕」

脱毛クリームが利用できる部分といえば、「腕」「脚」です。

 

基本的な場所はその2箇所になるでしょう。脱毛にも力をいれる場所であり、一般的な脱毛クリームであればほとんどの商品でその部分のむだ毛を処理することができるでしょう。

 

脱毛クリームを使うことができる主な場所となっていますが、1週間に1回ほどの使用がちょうど良いとされています。1日置きなどあまり使いすぎてしまうと低刺激の脱毛クリームでもお肌に負担がかかってしまいます。

 

使う頻度についてはしっかり説明書を読んで確認してください。

 

●もちろん全身のほとんどの場所に利用できる

脚や腕以外にも背中、指、お腹周り、ワキ、デリケートゾーンなどにも利用可能です。

 

脱毛クリームは本当に簡単でお手軽にできる脱毛処理方法なのでカミソリで剃ることのできない部分にも使うことができるメリットがあります。特に背中はとくにカミソリで剃ることのできない部分なので脱毛クリームは非常に助かります。

 

刺激を与えたくない指毛の処理も脱毛クリームはお勧めです。繊細でデリケートな部分に使うことができる脱毛クリームですが、使用可能な部分が幅広い分、使い方に気をつけていかなければなりません。顔の脱毛はクリームタイプは不可です。ローションタイプのプレミアムビューティースキンなら顔の脱毛にも使えます。


脱毛クリームの正しい使い方をマスター

脱毛クリームは正しい使い方で使用していかなければ、肌トラブルとなり逆に悪影響を及ぼしてしまうことになります。

 

今、脱毛クリームを使っている方は本当に正しい方法なのか、これから脱毛クリームを試してみようかなぁ〜・・・と考えている方は使う前に正しいやり方を把握しておきましょう。

 

まずは使い方を基礎知識として身につけておくことをお勧めします。

 

【脱毛クリームの基本的な使い方について】

  • 脱毛したい部分にクリームを塗っていく。(ヘラなどが付属の場合は使用)
  • 塗った後は10分ほどそのままにしておく。
  • クリームを洗い流す(またはティッシュなどで拭き取る)。

基本的な脱毛クリームの使い方はこのような流れになっています。

 

これなら初心者でも簡単にできますし、カミソリのような刃を使用することもないので安心して使うことができるでしょう。脱毛クリームの商品によっては拭き取るタイプと洗い流すタイプがあるので使う前に必ず確認してください。

 

また、脱毛クリームによって塗ってから置いておく時間が違うので注意してくださいね。

 

よく質問される項目の中にもありますが、どのくらいの量を皮膚に塗っていけば良いのか分からない人も多いです。目安としてはむだ毛が全部隠れるくらいの脱毛クリームを塗ることです。

 

あまりたくさん塗る必要はありませんし、少なすぎるのも上手に脱毛することはできないので説明書を読むことが大事です。

 

【必ずその部位に合った脱毛クリームを使う】

脱毛クリーム商品によって、どのような部位に使って良いかどうか決まっています。
皮膚の厚さが薄いところもありますし、非常に敏感になっているところもあるのです。

 

例えば、脚、腕、ワキ、背中、お腹周り、デリケートゾーンに使える脱毛クリームだとか、顔にも使える脱毛ローションとかが主流になっています。クリームタイプは基本的に顔の毛には使用できません。また、特にワキやお腹周りという部分は皮膚がデリケートになっているため、強い成分が含まれていない低刺激の脱毛クリームを使用するようにしましょう。

 

上記のランキングで紹介している脱毛クリームは美肌成分も配合している低刺激なものなので安心です。ちなみに人気のプリュムインバスリムーバーなら塗りやすいスポンジタイプで手や足の指毛にもとても使いやすいです。